人手不足の解消には働きやすさの改善が大切

名古屋圏は、大手自動車関連会社を筆頭に、ものづくりに関係する会社が数多くあり、ITエンジニアが活躍できる場も多い。女性の活躍について、IT業界の場合は、技術があって、仕事ができれば、仕事の評価に男女の差は見られない。ただ、業界全体で残業が多い傾向にあるため、出産・育児をしながら女性が働き続けるには、高いハードルがある。子どもの保育園が見つからず、また、実家が遠くて親をあてにできないために、産休や育休明けの復帰をあきらめたケースや、子どもが保育園に入ることができても、夫(パートナー)も勤務時間が長いため、家事や育児の協力を得ることができず、体力的にも精神的にもぎりぎりの状態になってしまい、仕事を続けるのを断念したケースなど、残念な話はたくさんある。その結果、このような困難をくぐりぬけて働き続ける女性社員は少なくなり、若手の女性エンジニアは、自分自身のキャリアプランを立てにくくなる。

また、制度として時短勤務があっても、実際に時短勤務で働くとなると、本人も同僚も、何となくやりにくいという話も聞く。しかし、これについては、仕事をまわす仕組みを見直すことで、改善の余地はあるだろう。最近は、在宅勤務を導入する会社が増えてきているため、出産・育児をしながら女性が働き続ける環境は、少しずつ改善してきているといえる。人手不足の解消には、働き続けることができる環境を整えて、仕事をやめる人を減らすことと、仕事の魅力や働く環境を正しく発信し、エンジニアを目指す女子大生や中・高生を増やしていくことが大切である。